Michiruブログ

バイク、ツーリング他 グルメ、日常生活などをつれづれに・・・(^^)

1.初コメ大歓迎です。コメ主様のブログのリンク機能がありませんので、コメント欄でurlをお教えいただくか、「メッセージ」でurlを教えていただけますと、お邪魔させていただきます。

2.記事のコメントとは別に、直接メッセージのある方は右欄の「メッセージ」をご利用ください。

3.TOP画面の「読者登録用QRコード」で登録していただけると、新着情報がLINEで通知されます。

リベンジ! 山と清流ツーリング♪

前回記事のダブ子ちゃんでブラブラした翌日の5月23日。

この日はセロ子ちゃんでしゅっぱ~~~~つ!!

昨年の10月 思わぬ通行止めで行けなかったルートに再挑戦ざんすv( ̄∇ ̄)v





うどん県をひたすら南下。

すだち県突入!!

s20210523DSC05490a


日本一美しい清流と言われる”穴吹川”沿いに走る国道492号線を、上流域に向かって南進しまんねやわ (・∀・) ←去年の記事の文章をまんまコピー (゚∀゚)アヒャヒャ

ほんま、きれいな川やわ~~~(´∀`)

s20210523DSC05495

s20210523DSC05494

どこを見ても 癒されるわ~~~ ♪

こんな景色を見ながら、ボケ~~とするのも悪くないっす (*゚▽゚*)

いつもボケ~~としてるけど (^^;

s20210523DSC05499

上流に進むにつれ、道も細く山も深くなりやす。

こんな景色を楽しむには、セロ子ちゃんあたりがピッタシ!!

大きなバイクやと持て余してしまいます。

s20210523DSC05504


頭上には、川沿いの向こうの山へ、なにやらワイヤーが通されてます。

s20210523DSC05505

このワイヤーをつたって、何か物の運搬でもするんでしょうかねえ?

それにしてもこのワイヤーをどうやって通したのか?

考えると夜も寝られなくなっちゃいますよ
(゚∀゚)アヒャ


こんな細い山道ですが・・・

s20210523DSC05506

バス停発見!!

1日3本 ”も” 走ってました(・∀・)

s20210523DSC05507


昨年全面通行止めだったところの工事も終了していて先に進めました。

s20210523DSC05510


上流域はさらに水がきれい!!

s20210523DSC05512

s20210523DSC05515

s20210523DSC05517

カワウちゃんも餌を狙ってました (・∀・)

s20210523DSC05518


ん!?  案内板!!

s20210523DSC05523a
s20210523DSC05522

東宮山の幻の岩屋

高越山と剣山脈をつなぐ唯一の山脈東宮山は幾多の伝説を秘めた山々である。
標高(一○九一米) 山頂近くに桧の滝と呼 ばれる高さ百数十米の断崖絶壁があり人は、簡単に近づけな い所に岩穴があり、幻の岩屋と呼ばれていた。

伝説によると東宮神社の神官と神社総代が探検に行き探し回って、とうとう岩屋に行き当たった。天井の高さ三米で 床面は、平にくり抜かれたように出来ていて青くて厚い モウセン状のコケが一面に生えている岩屋を見つけた。

人間が住んでおった形跡がない事を確認して岩屋を出ようとした時不意に人の気配がしたので振り向くと
岩屋の奥に 中世の女官の姿で十二単衣を着た若く美しい女が立っていた。
二人は全身の毛が逆立、
声もでずその場に立ちすくんでしまった。

私は、この岩屋の者です。
訳あって里人には、私が住んでいる事を知られてはならないのです。
知られたからには生きて里には帰す訳に は参りませんが、今度だけは許して あげます。
しかし条件があります。 決して他人には話してはなりません。約束した二人はこわごわ 岩屋をでた。 
あの女よもや人間ではあるまい 妖怪変化のたぐいか、それとも 昔、東宮城に仕えていた女の亡霊なのか、あるいは深山幽谷に迷う幽霊なのか謎を秘めた伝説で二度とその岩屋に近よる人はなかったそうな。


ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

s20210523DSC05524

こっちに曲がっていくと林道で、その幽霊さんに出会えるのね。

今回はパスするけど、近いうちに行ってみようっと (゚∀゚)アヒャ

橋の下に流れる川ざんす。

s20210523DSC05527

s20210523DSC05529

透明度バツグン!!

s20210523DSC05532

は~~~い ヾ(=^▽^=)ノ


さらにすすむと・・・ん (つд⊂)ゴシゴシ

s20210523DSC05534

もしかして、シカさん!? Σ(゚д゚;)

な、なんと・・・

s20210523DSC05535

罠にかかってました。

かわいそうやけど、あたいにはなんともすることができません・・。

複雑な気持ち・・(/TДT)/


峠を越えて・・

s20210523DSC05540

国道193号線で山を下りてうどん県に帰ってきました。

このルート、あちこちに脇道があって、あらたな魅力的な風景と出会えそう。

また、この周辺をせめてみようっとv( ̄∇ ̄)v




ダブ子ちゃんでぶらぶら♪

この日は5月22日(土)。

基本的には平日にお出かけするようにしているアタイでつが、例年にない早い梅雨入りで 平日は雨ばかり・・・(T_T)

土曜日でしたが、せっかくのいい天気だったのでバビュ~~~ン 


ここだったら人もほとんどいないだろうと、向かった先は・・

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!  なんじゃいな!? この人だかりは??

しかもその ”いでたち” は Σ(゚д゚;)


s20210522DSC05434

大きなスピーカーで 音楽も流れてるし・・・。

フラダンス・サークルの発表会みたい。

ちょうど この頃は、香川県もコロナ感染者が急増し、医療病床の逼迫率もステージ4に達し、まん延防止措置を国に要請していた頃。

マスクはされていましたが、密やねえ・・・(・ε・)


この方々からは距離をとり、砂浜でしばし休憩っす。

あっ、かわいいフラダンサーさん達 v( ̄∇ ̄)v

s20210522P_20210522_105545



大きな船が キタ━━━(゚∀゚).━━━!!! 

s20210522DSC05439


瀬戸大橋にぶつかる~~~~ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

s20210522DSC05441


そんなことは あるはずもなく・・・

s20210522DSC05447

無事通過 (゚∀゚)アヒャ

波の音を聞きながら、ボケ~と瀬戸大橋でも眺めていようと やってきましたが、早々に退散しやした。

その後、あてもなく西に進み、着いたのはとある小さな漁港。

はじめて来ましたよ。

s20210522DSC05451

漁港の風景。

けっこう好き (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

s20210522DSC05457

堤防に腰掛け、トンビのヒュルルルルって鳴き声を聞いていました ( ̄ー ̄)

さらにダブ子ちゃんで、お花畑を横目に見ながら ドコドコ 

s20210522DSC05461


あまり知られていない砂浜にとうちゃこ。

s20210522DSC05471a

ここでもボケ~~~~ .。゚+.(・∀・)゚+.゚

s20210522DSC05477


その後は、めっちゃ知られている砂浜に!!

「日本のウユニ塩湖」だす。  

ウユニ塩湖の借物画像↓

ウユニ塩湖


香川にある「日本の
ウユニ塩湖」↓

s20210522DSC05484

ただの遠浅の浜 
(´゚艸゚)∴ブッ

潮がひいている時、水辺で写真を撮ったら それらしく写るってんで、ここ数年 すごい人気の浜。

それまでは、たいして見向きもされない普通の浜だったんやけどなあ・・・(^^;

帰り道、ファミマに立ち寄って、こいつを注文!!

「リッチフラッペストロベリーちょうだい (* ̄∇ ̄*)エヘヘ 」

s20210522リッチフラッペストロベリー01

「仕方わかりますか?」と聞かれ、「はじめてなので わかりましぇ~~ん (*゚▽゚*)」と答えると、

説明しながら全部やってくれました (゚∀゚)アヒャ  

s20210522DSC05486

飲んでますよ v( ̄∇ ̄)v

s20210522DSC05487

おいち~~~~ 

330円なり~~~。  うどん+天ぷら1個が食べれるお値段。

けっこうするのね(^^;

香川県民、食べ物の値段は うどんの値段と比較しまんねやわ (゚∀゚)アヒャヒャ


あてもなくブラブラした1日でやんした v( ̄∇ ̄)v




肉離れとシーフードを使ったペペロンチーノ

イタタタタ・・・。

やっちゃいました (ノд・。) グスン

それは昨夜、お家で軽くシャドー(ボクシング)やってた時。

右足ふくらはぎに激痛が・・。

肉離れです。 生まれてはじめての肉離れっす('A`|||)

実は同じことをやっていて、1週間ほど前に 同じ個所を軽く傷めていやした。

この時は軽く傷みがあった位で、その後も歩くのも支障なく、痛みもほとんど消失していたんやけど・・。

しばらくは、ウオーキング、ジョギング、トレッキングができましぇん。

順調に進んでいたダイエットにも支障がでそうでおます(T_T) ガックリ



しゃて この日のお昼は、シーフードを使ったペペロンチーノを作りやしたよ 

ペペロンチーノ。 作り方は簡単なだけに、塩加減、ゆで加減が大事ざんす。

s20210514DSC05430


いっただきま~~すv( ̄∇ ̄)v


s20210514DSC05432

グフッ (*´థ.థ`*)  美味しっ💛




ダブ子ちゃんで新居浜までバビュ~ン

5月14日(金)。

ダブ子ちゃんでは山の中の見通しの悪い1車線クネクネ道は走りたくないんで、幹線道路をバビュ~~~ン 

途中 道の駅に立ち寄り・・

s20210514DSC05419

ちょっと派手な自販機で、コ~シ~ ゲット!!

s20210514DSC05422


海を見ながらゴク・ゴク (* ̄∇ ̄*)

s20210514DSC05420

うどん県からポンジュース県に。

海岸線を走り、ここでも一休憩っす。 ここは新居浜っす (・∀・)

s20210514DSC05424

で、新居浜市街で引き返してきやした。

走行距離200km。  ダブ子ちゃんのナサートマフラー・サウンドを楽しみましたよv( ̄∇ ̄)v


メタボ解消ツーリング 第二弾 竜王山・三頭山周辺

メタボ解消ツーリング 第二弾ざんす!

ツーリングも楽しみ、メタボ解消のためのトレッキングもやっちゃおうという 一粒で2度美味しいツーリングでおまっ v( ̄∇ ̄)v


(第一弾はこちら)
  ↓



第二弾の今回は5月10日。お天気 快晴なり~~~。

相棒はクロスカブ子ちゃん。

お山の方へ ブイ~~~ン 

01s20210510DSC05386

とうちゃこ~~~!!

ここにクロスカブ子ちゃんをおいて、トレッキングするざんすよ~~~(*゚∀゚)っ

02s20210510DSC05393

目指すは竜王山!!

03s20210510DSC05395

登山道をテクテク。

04s20210510DSC05396

見た目以上に斜度があるのね・・・('A`|||)

シャクナゲが心を癒してくれますよ。

05s20210510P_20210510_111137

ヒ~~~(; ̄Д ̄)  のぼり、のぼり、のぼり・・・。

06s20210510P_20210510_111348

た、たすかった。 一休憩できまんねやわ (*´ェ`*)

07s20210510P_20210510_111916

どっこいしょ。  再出発!!

ヒ~~~~~~(TДT)  トライアルのセクションにでてきそうなのぼり!!

エンジンのついていない人間の”あんよ”でここを登らないといけないのね (T_T)

(画像ではわかりにくけど けっこうな斜度なんよね)

08s20210510P_20210510_113301


や、やっとこさ着きましたよ。

09s20210510P_20210510_114555

10s20210510DSC05401

ふ~~~。どっこいしょ。

風が気持ちいい~~~~。

わ~~、なんか かわいい花が咲いてる ('▽'*)♪

11s20210510DSC05399

ベンチに腰をおろして 休んでいると・・・

12s20210510DSC05407

誰や~~~!! こんなところに自然に戻らないゴミを捨てているバカ野郎は!!

どこにでも 平気でゴミをその辺に捨てるバカがいるんよね。

信じられないっす (゚皿゚メ)



さて、頂上に辿り着いたと思った場所は・・

11s20210510DSC05404

讃岐竜王!!

で、その横に立っていた案内板は・・・


13s20210510DSC05405

まだこの先には阿波竜王があったのね・・・('A`|||)

頑張って先に進むと・・

こんな下り階段が (゚∇゚ ;)エッ!?

15s20210510P_20210510_114839

ものすごい斜度+距離。

ここを降りるとなると、復路は当たり前やけど すごいのぼり階段!!

トレッキング初心者のあたいには、ムリ!!

ここから おとなしく引き返しましたよ(^^;


さて、ここから あたいのお気に入りの場所にワープしまんねやわ!

バビュ~~~ン 

20s20210510P_20210510_125223

奥に見えるのはスダチ県を流れる吉野川。

ここから見える景色、大好き!! v( ̄∇ ̄)v



うどん県側から お山を越えて、スダチ県側におりまんねやわ。

県道を走っていると 出雲神社の標識があったので、立ち寄ってみましたよ。

森の中にひっそりとたたずむ神社。


21s20210510P_20210510_132232


23s20210510P_20210510_132636


22s20210510P_20210510_132322

「白地大西城の城主大西出雲守武頼を祀る神社で、室町時代(一五四〇~) この地出身の武士団が武頼に従って三好長慶軍団の重臣軍団として畿内や京都で合戦、以後大西出雲守武頼を慕って出雲神社を勧請し尊崇する。」

(補足)
・白地城(はくちじょう)(別名白地大西城) は、阿波国三好郡白地(現在の徳島県三好市池田町白地)にあった日本の城

・大西 頼武(おおにし よりたけ、? - 天正5年(1577年))は、戦国時代の阿波国の国人領主。阿波白地城主。出雲守と称す。弟に元武、子に覚養、頼晴、頼包。

生涯
大西氏は鎌倉時代に中央より荘官として派遣されてきた近藤氏が大西郷に依り、改姓したものである。 頼武は最初は細川氏に属し、後に三好長慶の妹を娶って阿波西部から讃岐南部、伊予東部、土佐北部で最大勢力を誇った。

やがて長宗我部元親の四国統一の気運が高まると、四国の中央に位置する白地城はその標的にあうが、そのころ頼武はすでに家督を覚養に譲っていたらしい。

天正5年、元親が阿波侵攻を開始すると、当主の覚養は弟の頼包を人質に出して長宗我部家と和睦を結ぶが、ほどなく三好氏の要請に応じて三好側に寝返った。

元親は人質になっていた頼包を案内人として白地城の支城、田尾城をわずか2日で攻め落とすと、当主の覚養は讃岐へと落ちのびたが、頼武はその過程で自刃したと伝えられる。


平和な今の世に生まれて良かったなあ・・・(^^;

ここからスダチ県側に下りて、再度山越してうどん県に戻ってきやした。


ダイエットは順調ざんす(゚∀゚)アヒャ

 

記事検索
カテゴリー
アーカイブ
メッセージ

ブログ管理者に個別メッセージする際にご利用ください。

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ