Michiruブログ

バイク、ツーリング他 グルメ、日常生活などをつれづれに・・・(^^)

1.初コメ大歓迎です。コメ主様のブログのリンク機能がありませんので、コメント欄でurlをお教えいただくか、「メッセージ」でurlを教えていただけますと、お邪魔させていただきます。

2.記事のコメントとは別に、直接メッセージのある方は右欄の「メッセージ」をご利用ください。

3.TOP画面の「読者登録用QRコード」で登録していただけると、新着情報がLINEで通知されます。

私の新しい免許証٩( ᐛ )و

ブロ友の「コータローさん」がやってた、性格免許証

やってみた

ついでに、タイトルも丸パクしてみた🤣
(この導入部もパクリ!ww)




で、新しい免許が出来ました。(^^♪


20210521性格免許a


「好き」・・・合ってまんねやわ (゚∀゚)アヒャ

「嫌い」・・・自分の性格は嫌いじゃあないけど、あとは合ってる (・∀・)

☆・・・人望も芸術性もそんなにないかも~~~(笑)


良かったらお試しあれ!
(これもパクリ)



焼きチーズカレー

二日目のカレーは!? v( ̄∇ ̄)v

ジュ~・ジュ~・・ドバドバ・・・ジュ~・ジュ~

s20210506DSC05374


グツ・グツ ・・ ドバッ・・・

s20210506DSC05376


ブイ~~ン

s20210506DSC05377


ԅ(♡﹃♡ԅ)ジュルル

s20210506DSC05381


グフッ (*´థ.థ`*)  美味しっ💛





シーフード・カレー

ザク・ザク・ザク・・・

s20210504DSC05365


ジュ~~・ジュ~~~

ブイ~~~ン


s20210504DSC05367


グツ・グツ・・
s20210504DSC05368

おやすみ (*^・ェ・)ノ


おはようv( ̄∇ ̄)v


グツ・グツ・・

ジュ~・ジュ~~

ԅ(♡﹃♡ԅ)ジュルル


s20210504DSC05373

グフッ (*´థ.థ`*)  美味しっ💛


メタボ解消ツーリング(5/3) 後編

前回記事(メタボ解消ツーリング)の続きだすよ~~~v( ̄∇ ̄)v

屋島北嶺の登山道をおりてきました。

次に向かったのは・・・

長崎の鼻

上の画像は、北嶺山頂の展望台「遊鶴亭」から見た風景。

矢印のところが、屋島北端の「長崎の鼻」!!

ちびカブちゃんでバビュ~~ン

とうちゃこ (・∀・)

s20210503DSC05327

s20210503DSC05328

ここには江戸末期の砲台跡がありまんねやわ。

「嘉永6年(1853年)のペリー以来、外国船の監視と防備の必要性が高まり、讃岐国でも、幕末の文久3年(1863年)、幕府の命を受けて11代高松藩主(最後の藩主)・松平頼聰(まつだいらよりとし=将軍・徳川慶喜とは従兄弟)が瀬戸内と高松湊の防備のため、長崎の鼻に砲台を築いています。
藤川三渓の設計で、海に向かって3段の構えで、上段は、守備兵の屯所、中、下段には大砲が備えられていました。」

階段を下りて、岬の先端と砂浜を歩いてみようと思ったら・・・

s20210503DSC05332

人が群がってまんがな (; ̄Д ̄)

密、密、密!!

GW中に出歩くもんじゃあなかったΣヾ( ̄0 ̄;ノ  ハンセイ・・

階段をおりることなく、そっこうでこの場をあとにしやした。


ちびカブちゃんであてもなくブラブラ。

半島沿いの県道から、いくつかの脇道から海岸線に下りれるルートを探します。

小型バイクあたりの車幅までしか通れない脇道発見。

そこは・・ w(゚o゚)w オオー!

s20210503DSC05335

s20210503DSC05349

めっちゃ、ええやん!!

誰もいない浜!!  ここは穴場やわ!!  

また来ようっと(゚∀゚)アヒャ


その後、こんなところで腰をおろしたり・・

s20210503DSC05351


さらに移動した先の堤防/砂浜では・・

堤防は釣り人だらけ・・

隣接する砂浜ではびっくりするぐらいたくさんのグループがBBQ ・・

あっちを見ても密、こっちを見ても密!!  

s20210503DSC05354

案の定、県内で 大人数でのBBQをおこなったグループにクラスター発生。

コロナ感染者が抑えられていた香川県も 今やまん延防止措置要請中。

こんな危機感のない人達がいっぱいいれば、そうなっちゃうわなあ('A`|||)


これまたそっこうでこの場を離れましたよ(TДT)

このあと、あてもなく うろちょろ。

初めて走る田舎道。

ん??

s20210503DSC05355

s20210503DSC05357

「三つ子石池の西方の池畔に巨大な岩が、居すわっている。伝えによれ ば、まま子いじめをする悪い母親がいた、この母親は信仰心はまったく なかった。ある日、幼児に「この岩を背負って歩け」と命じた。幼児は しかたなく、大きな岩に縄をかけて背負うと、不思議なことに、この大 きな岩が軽々と背負えて、まま母のいうとおりに現在この岩があるとこ ろまで運んでこられた。母親は恐れをなして、これは、ひとえに熊野権 現の加護であると改心して、ひたすら信仰をするようになったという。 それ以後、この岩を「三つ子石」と呼ぶようになった。今も子どもが背 負った時についた縄の跡が残っているという。また一説には、熊野清光 という豪力の武士が、熊野権現の霊夢によって、この岩を運んだという 伝えもある。」

s20210503DSC05361

あたいがこの大岩を背負ったら、岩に押しつぶされてペチャンコになってしまいまんがな ( ̄▽ ̄;)


ちゅうことで・・

before
s20210503DSC05288


after
s20210503DSC05363

この日の走行距離 86km。

燃費56.3km/L。 

クロスカブ子ちゃんより燃費が悪いのね Σ(・ω・ノ)ノ

小さなエンジンに無理させとんやね(^^;


県内でのコロナ病床使用率が高まり、入院できない人が大勢発生している状況で、いまだに危機感のない人がたくさんいるのを見るにつけ閉口してしまいます。

あああ、早くワクチン打てるようになんないかなあ・・・('д` ;)


メタボ解消ツーリング 前編「屋島登山道を歩きまんねん」

メタボ&高血圧改善のため、1ケ月前から 雨以外の日は がんばって歩いて(時たまジョギングして)まんねやわ 


で、いいことを思いついちゃった v( ̄∇ ̄)v

バイクツーリングと、メタボ運動を同時にやっちゃおう!! って


この日はGW まっただなかの5月3日。

ここなら 人もさほどいないだろうと、この日の相棒のちびカブちゃんで向かった先は!?


s20210503DSC05289

s20210503DSC05291

高松市屋島北嶺の登山道だす。ほいっ(*゚∀゚)っ

案内板の説明書き。

「瀬戸内海国立公園 屋島へようこそ。 この登山道は、屋島最先端の長崎の鼻と北嶺の遊鶴亭を結ぶ歩道で、 距離は片道1.8kmです。 まず、現在地から遊鶴亭までのコースについてご紹介しましょう。 距離は、片道0.8kmで上り勾配です。丸太が入った歩きやすい道を どんどん登って行って下さい。途中で疲れたら海の方をながめて下 さい。突端の長崎の鼻や木里神社、長崎の鼻港、養殖場がよく見え ます。とくに、新緑や紅葉の季節には最高のながめです。遊鶴亭の 手前200mからは道の両側がウバメガシの純林となっており、森林 浴が楽しめます。 次に、現在地から長崎の鼻、砲台跡に至るコースをご紹介しましょ う。指導標にしたがって160m行くと道の右側に標識が立っていま す。ここから右に曲って砂利道を歩いて下さい。20分ほどで小高い 丘に着きます。ここから石段を下りていくと、両側に黒っぽい石を 積み重ねたところに出ます。ここが砲台跡です。幕末に海防を目的 として砲台が築かれたところです。もう少し行くと長崎の鼻です。 ここからは女木島、男木島、大島が目の前に見えます。県都高松 の市街地も一望できます。」


これが登山道入り口。

s20210503DSC05293

バイクでツーリングして、登山道も歩いてダイエットもしちゃおうと!!

なんてナイスなアイデアざんしょ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

s20210503DSC05326

目指す 屋島北嶺北端にある「遊鶴亭」まで820m。

楽勝やん! (゚∀゚)アヒャ   と、この時は思ったんやけど・・・('A`|||) アマカッタ


昨年7月に、屋島山頂から遊歩道をとおり遊鶴亭に行きました。その時の記事はコチラ↓




今回の登山道を登るのは、実に27年ぶりの2回目。

こんな山道をトコトコ・・。

s20210503DSC05295

見た目以上に、キツイ・・・(TДT)

27年前はこんなにしんどくなかったのに・・・。 

山頂に近づいてくると、木々の間からはすてきな瀬戸内の風景が (*゚∀゚)っ

s20210503DSC05296

s20210503DSC05303



あっ、すごい船が!! w(゚o゚)w オオー!

s20210503DSC05320

s20210503DSC05324

s20210503DSC05321

高級瀬戸内クルーズ船  「guntû (ガンツウ)」 !!

なんでも2泊3日クルーズで最低でも4~50万円/人の料金らしいっす。

あたいには無縁なお船でやんす 


そして、途中には こんな洞窟も!!

s20210503DSC05315

s20210503DSC05306

s20210503DSC05308

確か記憶では、30年ほど前にどこかの大学が洞窟調査に入ったが、まだ洞窟の全容が解明できないみたいな話だったと思うんやけど・・。

今 ネットで調べると、石切り場跡との記載もあり、????

何が本当なのか!?(^^;


洞窟は立ち入り禁止になっているので当然入らなかったけど、ユーチューブ見てたら この洞窟に入った動画をあげているバカもいたりして・・(`□´)コラッ!

ほんと何を考えているんやろ!?


そうそう。バカで思いだした・・(^^;

GWということもあって、この登山道往復で10人近くのハイカーとすれ違いました。

そのうち半数はマスク未着用。

あたいは誰もいないところではマスクをずらしていましたが、登山道を対向する人が見えた時点でマスクを着用していました。

このご時世に、いくら野外とはいえ 挨拶を交わす距離でマスク未着用は非常識!!(`ε´)ムカー


北嶺の遊鶴亭までのぼったものの、そこには人が密集。

そっこうで Uターン 


非常識な人達に ちょっとムカつくこともありましたが、穏やかな瀬戸内風景を見て心を癒しましたよ。

みなさんも、この動画を見て 癒されてね~~~~v( ̄∇ ̄)v







記事検索
カテゴリー
アーカイブ
メッセージ

ブログ管理者に個別メッセージする際にご利用ください。

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ