今日は、秋晴れ~~ って感じのうどん県 

風の気持ちのええこと  


昨日のお話でんねん 

先般、クロスカブ子ちゃんで走行中、サイドステップバーの取付ボルトが脱落したお話を書いたでしょ。




で、注文していたボルトが届いたので、クロスカブ子ちゃんに取り付けるざんす

01sp-DSC08314

おっとその前に、問題の脱落したボルト箇所。

02sp-DSC08183

フランジボルト。

6角のボルトの下側に丸いつばがついた形状のボルトです。

問題のフランジボルトのサイズを測ってみると、M8×首下の長さ 18mm ×ピッチ 1.25。

M8 ×ピッチ 1.25のフランジボルトで、長さ 18mmって一般的でないみたい。

ネジ屋さんに行きましたが、M8の場合、15mm、16mm、20mm・・・・しか在庫がなく、M8×18mm(ピッチ1.25)は取り寄せになるとの事でした。

お店の人も、M8の18mmの問い合わせは、はじめてとか 

03sp-DSC08332

ネットで色々調べてみると、カブ系のそれまでのサイドステップ・バーの取付ボルトは、M8×20mmの六角ボルト+ワッシャーの組み合わせだったみたい。

ワッシャーの厚みがあるので、フランジボルトの場合は、つば下の長さが18mmなんでしょうね。

M8×20mmの六角ボルト+ワッシャーの組み合わせの選択肢もありましたが、普通にバイク屋さんで純正のフランジボルトを2個 注文しました 



ボルトの脱落。  はじめての経験かも・・・。

本締めを忘れていたのか、手ルクレンチが狂っていたのか

トルクレンチは昔から持っていますが、シリンダーヘッドを開けて、締める時ぐらいしか使ったことがありません。

他はすべて手ルクレンチ。

今回は、トルクレンチを使いました(^^;

04sp-DSC08322

締め付けトルク、いくらなんだ??

M8の六角ボルトの場合、一般的に 2.2kg-m。

M8のフランジボルトの場合、 一般的に・・・  2.7kg-m。

クロスカブのこの部分の指定トルクは、2.8kg-mでやんした

私の手ルクレンチは、M8だったら 2.2kg-m前後で設定されてるかも


フランジボルトのネジ部にスレッドペーストをつけ、最初は手ルクレンチで締めてみました。

こんなもんやろ

その後、2.8kg-mにセットしたトルクレンチでまわしてみると、すぐカックンとならず、もう少し締まってからカックン 

懸念してたとおり、私の手ルクレンチはM8の場合は2.2kg-m前後で設定されてたみたい 

本締めを忘れた可能性も否定できませんが、どちらにしてもボルト脱落の原因は、私でした 


4本とも全部緩めてからスレッドペーストをつけ直して、適正トルクで締めたので、これで大丈夫

05sp-DSC08321

サンプル用にとり外していたボルトは、取り外したままにしていたため、ネジ部に錆が・・・

真鍮のカップブラシで磨いて、ダイスでねじをさらって、

06sp-DSC08331
07sp-DSC08333

ネジ部にグリスを塗りたくり、交換した新品ボルトの袋に入れて保管しときます。

08sp-DSC08334

10sp-DSC08335

これで終了のはずでしたが・・・。

11sp-DSC08323

さらにズームアップ

sp-DSC08324

トラス小ねじが錆び錆び

ほんま、この中華製クロスカブのネジやボルト、あっちこっちがすぐ錆びてしまいまんがな

皆さんの中華製のカブちんのボルトやネジ、大丈夫

錆取りの溶剤であらかたの錆びを落としてから、これまた真鍮のカップブラシでブイ~~~ン

sp-DSC08329

万力で挟む部分はナットをかましてますよ

sp-DSC08330

錆が綺麗に落とせたので、塗料をプシュ~~~

sp-DSC08336

これでOKざんす~~~~



にほんブログ村に参加しています。
ここ、ポチっとクリックしてね

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
にほんブログ村