Michiruブログ

バイク、ツーリング他 グルメ、日常生活などをつれづれに・・・(^^)

1.初コメ大歓迎です。コメ主様のブログのリンク機能がありませんので、コメント欄でurlをお教えいただけますと、お邪魔させていただきます。


2.TOP画面の「読者登録用QRコード」で登録していただけると、新着情報がLINEで通知されます。

2022年08月

琴南の島ケ峰そば

今日も熱中症警戒アラートの出ているうどん県。

こう暑くっちゃあ、クーラーの効いたお部屋から一歩も外に出る気がおきましぇん・・

necchuusyou_taoreru_boy

しゃて・・

以前 ブログでも記事にアップした「島ヶ峰そば」。




香川県西部の琴南町の山間部でつくられた蕎麦、「島ヶ峰そば」。
s2022-07-15DSC_0333

s2022-07-15DSC_0320

s2022-07-15DSC_0343

乾麺 200g(二人前)で500円。 けっこういいお値段でやんした。(^^;


この日、奥様が作ってくれました。

s2022-07-29DSC_0387


そばの色は、けっこう白いっす。

1番粉か2番粉までの上等なお蕎麦かしら!?  

知らんけど (゚∀゚)アヒャ


ズルルル・・。

う~~~ん。 うどんは、今までいろんな店を食べ歩いたり、自分でいろんな粉で打って食べ比べてみたこともあって、わかるんやけど・・。

蕎麦の味は、ようわかりましぇん ('A`|||)

ただ、専門店で食べる蕎麦のお味ではないかなあ(^^; 


ちゅうことで、今度は他のお蕎麦(乾麺)を買って食べてみようっと v( ̄∇ ̄)v



クロスカブでゴトゴト・ツー「さぬき市多和~徳島 阿波市方面」その2

前回記事の続きざんす。

2週間程前のお出かけ記事ですよ~~(゚∀゚)アヒャ


なかなかおいしい徳島ラーメン(豚骨醤油スープ)をいただき、ここから折り返しまんねやわ

香川県道・徳島県道2号津田川島線に戻り、快走路を北上していると・・

バッ!!  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

一瞬の音と何かが落ちたような気が!!

急ブレーキで停止・・・

あっΣ(=゚ω゚=;)

s2022-07-26DSC_0340a

s2022-07-26DSC_0342a

ナ、ナビケースが・・・('A`|||)

落下寸前のところで、命綱のおかげで助かりました。

ケースの中に入れていたゴリラ・ナビも大丈夫でした(^^;

この中華製の安物ナビホルダー。

セロー、W800、リトルカブにも同じものを取り付けていますが、走行中 はずれて落下したのは初めてです。

全部 命綱はつけていますが、念のため 2重対策をしておいたほうがよさげですね('д` ;)

とりあえず元に戻して・・・

s2022-07-26DSC_0343a

再出発 

このまま元来た道を引き返しても、なんなんで・・

県道2号線から分岐した仁賀城山瀬停車場線に入ってみました。

s2022-07-26DSC_0344

s2022-07-26DSC_0345

道端のお地蔵さん。

この道を通る人達のために、ずっと
昔からここに立ってくれているんですね(●´ω`●)


こんな道を進んでいきます。
s2022-07-26DSC_0346a

なんの畑!?
s2022-07-26DSC_0349

この先は、民家の気配もなく・・
s2022-07-26DSC_0352

さらに進むと、だんだん道も荒れ・・
s2022-07-26DSC_0353a

トコトコトコ・・

もう完全にダート (゚∀゚)アヒャ

s2022-07-26DSC_0354a

空気入れも工具も何も持ってきていなかったので、エアを抜くわけにもいかず・・

トコトコ・ツーがゴトゴト・ツーになってしまいましたよ (||゚Д゚)ヒィィィ!

こんな道がけっこう続き・・

s2022-07-26DSC_0356a

方向的には、ぼちぼち左方向(西方向)にいかないといけないんやけど・・
s2022-07-26DSC_0357

左に分岐する道は通行止め (TДT)

仕方なくもう少し進むと・・

s2022-07-26DSC_0359

s2022-07-26DSC_0360

s2022-07-26DSC_0358

ガレたダートが続いてました。

ここまで来て やっと気がつきました。

ここって数年前 クラブ・ツーリングで連れてきてもらって、ちょうどこの場所でお昼ごはん食べたところやん (・∀・)

工具無しで、しかもバイクはクロスカブ子ちゃん。

ここから先を進みパンクでもしたら、どうしようもなくなるので、ここで一休憩し 来た道を引き返しました(^^;

舗装路に戻り、すだち県からうどん県に。

ちょっと寄り道しまひょ。

トコトコトコ・・。

s2022-07-26DSC_0369


s2022-07-26DSC_0364

【 
あかの渕 】
この宮川は、 日開谷川を経て吉野川へ流れこんで おります。
みぞおちの滝に続くこのあたりは、昔は、大きな 渕になっており、赤ん坊の泣き声がよく聞こえたという言い伝えがあります。 

女人高野という別名で呼ばれる大窪寺で修行して いた人が、身をきよめるために、水垢離(みずごり )をとったり、仏さまにさしあげる閼伽(あか )の 水を汲んだところから、この名がついたのかもしれ ません。

昭和六十年三月 香川県

s2022-07-26DSC_0366

【 中生代和泉層群 】
ここに見られる地層は、約7000万~8000万年前の中生代 末期、海底に堆積したものが、その後の新生代初期の地殻 変動で押し上げられ陵地になったもので、厚さは7000m以上、基盤の花こう岩の上にれき岩と砂岩(A層)、泥岩(B 層)、 砂岩と泥岩(C層)、泥岩(D層)、の順に重なり、B層 からアンモナイト類や二枚貝類、C層から古代アマモ等の 化石を産する。ここのものはA層の砂れき岩と植物性の炭質物からなる層である。

昭和60年3月 香川県


( *゚ェ゚))フムフム

で、そのあかの渕さんは いずこ??

(゚∇゚ ;)エッ!?

s2022-07-26DSC_0368

なんか・・・  微妙・・・ (^^;

さらにこの近くの・・

s2022-07-26DSC_0377

s2022-07-26DSC_0372

【 みぞおちの滝 】
東かがわ市五名、標高300メートルの所に位置するこの滝は、落差約20メートルにおよび、花こう岩から成る階段状の急な崖を流水が落下している。長年の歳月におよぶ浸食は、花こう岩をなめらかに削り とり、周囲の二次林と調和した独特な滝の景観をつくり出している。
滝が流下する宮川は、日開谷川を経て 吉野川に合流している。

平成2年2月20日指定

s2022-07-26DSC_0371

s2022-07-26DSC_0376

うううう~~~ん。

これまた・・・ 微妙・・・ (≡ω≡.)

注)この場所まで車で来てはいけません。 道が細く、また旋回するところもありません('A`|||)


このあと3ケタ国道の377号線に戻りました。
s2022-07-26DSC_0379

ちょっとここで一休み。
s2022-07-26DSC_0383

s2022-07-26DSC_0381

水と塩分補給タブレットを口に入れます。

何℃ あるんでしょう? 少々頭が痛くなってきました。 こまめに水分は補給していましたが、あまりの暑さにやられたみたいっす ('A`|||)

ヘロヘロになりながらも、なんとかお家に戻ってきやした。
s2022-07-26DSC_0384

120kmほどのトコトコ ゴトゴト・ツーでやんした。

クロスカブ子ちゃんでは引き返したガレ場。 次回はセローでリバンジやね(*゚∀゚)っ


とはいえ、この暑さが もうすこしどないかならんと・・・

お外に出る気がおきましぇん ('A`|||)


帰路のルートmap
2022-07-26map02


クロスカブでゴトゴト・ツー「さぬき市多和~徳島 阿波市方面」その1

2週間程前のこの日。

ひさしぶりにクロスカブ子ちゃんに乗って、トコトコしてきましたよ。

クロスカブ子ちゃんのスタート前のオドメーター 7538kmな~~り~~~(・∀・)
s2022-07-26DSC_0287

高松市内から南下。

いつもの定点観測地点で・・
s2022-07-26DSC_0288a

am10:30時点で、気温33℃・・・

暑~~~~(TДT)


トコトコトコ・・

道端に石碑発見!  とまりまひょ(☆゚∀゚)

s2022-07-26DSC_0290a

s2022-07-26DSC_0293

s2022-07-26DSC_0291

【 力石(ちからいし) 】
この石、ミカンの形をした奇岩である。石の横径1m、統経八十cm重さ約八百kgほどあるという。
由来は、往古、源平合戦の折、武蔵坊弁慶が、源氏の兵の士気を鼓舞するため、この石を持ち上げたというもの。この種の類は全国に数ヶ所あるようだ。
ともあれ、歴史の語り物として、また、地域のシンボルとして、 宗枯盛衰の世を眺めている歴史の石塊である。

赤矢印の石が、その力石みたいっす。
s2022-07-26DSC_0295a

うそや~~~~ん。 こんなのいくら力自慢でも持ちあがらんやろ~~(^^;

ただ源平合戦 屋島の戦いにおいて 源氏方は この街道を通っているみたいっすね。w(゚o゚)w オオー!

義経の進撃01

さらにトコトコ・・。

またまた道端になんかの案内板発見!

s2022-07-26DSC_0296a

s2022-07-26DSC_0298

【 香川県自然記念物 護摩山の岩頸(ごまやまのがんけい) 】

護摩山の岩頸は、約千五百万年前の新生代 中新世末期、花こう岩の割れ目にマグマが火山活動により貫入し、そのまま固結した流紋岩である。

乳白色の岩石で、雲母の結晶や流状構造が肉眼でも観察することができる。
この周辺には数か所同様の地質があるが、護摩山の岩頸はその代表的なものであり、西日本でも希少な地質である。

また、弘法大師が、四国霊場草創のとき、この山の鳴動をしずめるため、護摩をたいて祈念したという言い伝えがある。
岩頸を見学する道ぞいには、四国霊場にちなんせきぶつだ石仏が並んでいる。

香川県
指定昭和五十一年(一九七六)十月四日


どうもここから分岐して山に向かう道が護摩山に進む道みたい・・。

今回はパスしまんねやわ (゚∀゚)アヒャ


さらにこんな快走路を進むと・・

s2022-07-26DSC_0301a

四国八十八ケ所霊場めぐりの最後の八十八番霊場 大窪寺。

s2022-07-26DSC_0305a

ここから大窪寺にむかってパンパンと手をあわせ・・・

車の往来のほとんどない田舎道をトコトコ・・。

トコトコ、トコトコ、トコトコと行ったあたりで、なにやらのぼり旗がたってるお家を発見!

s2022-07-26DSC_0306a

おじゃましまんねやわ 

なにやら発砲スチロールの箱がずら~~っとならんでますよ。
s2022-07-26DSC_0308

オープン 

ピーマン
s2022-07-26DSC_0307

かぼちゃにトマト
s2022-07-26DSC_0309

なすび
s2022-07-26DSC_0310
農家さんの無人直売所でやんした。

どれも新鮮そうで、いたみもないきれいなお野菜ばかり。

ピーマンとなすを買いました (* ̄∇ ̄*)

s2022-07-26DSC_0312

どれも一袋100円っす! 安~~~!!

こちらのポストに200円投入! v( ̄∇ ̄)v

s2022-07-26DSC_0311

お家へのお土産ゲッツざんすヾ(´ω`=´ω`)ノ


ここから 香川県道・徳島県道2号津田川島線に入り、南下してすだち県に。

すると 次々にこんな光景が w(゚o゚)w オオー!

s2022-07-26DSC_0314

s2022-07-26DSC_0316

s2022-07-26DSC_0317

s2022-07-26DSC_0320

ひまわり、ひまわり、ひまわり・・。

いたるところ ひまわり畑 ('▽'*)ニパッ♪

たくさんの ひまわりさんがお出迎えしてくれましたよ。

うれしくなっちゃいますね~~~(*゚▽゚*)

「ひまわり街道」の旗がなびいていました。
 
ひまわり街道を峠越え。  下ったところに・・

こんな案内板が。

s2022-07-26DSC_0324

【 犬墓の大師堂 】
犬墓の地名は、弘法大師が連れていた愛犬を葬ったところから起こったと伝え、墓は享保(一七一六~三六)の頃、犬墓村庄屋 松永傅太夫が造ったという。それは一辺三十四センチメートルと四十センチメートルの基礎石に、径三十六~四十センチメートル、高さ二十三センチメートルの楕円形の自然石を置いてある。

基礎石に「戌墓」と刻まれ犬の像と水瓶(飲み水を入れる器)が浮き彫りされている。
南向きのお堂の建立は比較的新しい。東向きのお堂にも石造の弘法大師坐像を祀ってある。江戸時代の地図には、四足堂(雨露をしのぐために四隅に四本の柱を立て、屋根を葺いただけの簡素な建物)とある。旅の人たちの憩いの場所だったのだろう。現在は間口四間、奥行三間の建物で、大北集落集会所になっている。

県道2号線沿いにはそれらしい建物は見えず。

近くに矢印を発見。それに従って行ってみると・・

s2022-07-26DSC_0326

わんちゃんを連れたお大師さま、みっけ~~~ (o^∇^o)ノ

あまりの暑さで、大師堂の軒下で休憩させてもらいました。

お水と塩分チャージタブレットを補給。

お大師さまとわんちゃんに手をあわせ、出発 


ちょうどお昼どき。

事前に調べてナビ登録していた新規のラーメン屋さんに向かいます。

とうちゃこ!

「中華そば 龍馬」さん。

徳島でなんで龍馬なのかは???  

s2022-07-26DSC_0337a

s2022-07-26DSC_0338

着いてから気がついたんやけど・・。

この場所。

二十数年前、このあたりに行ったらよく立ち寄っていたラーメン屋さんの場所。

当時四国では珍しい”油そば”を出してくれていたんよね。

めっちゃ美味しかったんやけど、いつからか店を閉めていました。

外観もあまり変わっておらず、居抜きで今のお店が営業しているみたいっす。


いざ入店!!

なんか 年季がはいった感がありそうな店内の雰囲気。

お客さんは、作業着を着た人達と、一人で来たっぽいおじいちゃんetc・・。

このご時世に、食事が終わってもマスクつけんと、大声でしゃべってるし・・。

風通りのいい、入口横のカウンター席に座りました

s2022-07-26DSC_0329

中華そば 550円!  安い!! .。゚+.(・∀・)゚+.゚

中華そば+生卵+背油を注文。

梅干しも無料みたいっす。  このあたりは、「来来亭」さんと一緒ですね。

s2022-07-26DSC_0330

 キタ━(゚∀゚)━! 
s2022-07-26DSC_0331

おいしそう~~~   からの~~~・・・

おきまりの・・・

麺、リフト~~~・アップ 
s2022-07-26DSC_0334

ズルルルル・・・

( ಠдಠ)ハッ!

グフッ (*´థ.థ`*)  美味しっ💛

s2022-07-26DSC_0336

THE 完食! ざんす~~~v( ̄∇ ̄)v

ほんと、美味しかったあ~~~。

これで お店を小綺麗にしてくれたら、言う事なしなんやけどなあ~~(^^;


さて、お腹もいっぱいになったので、次に向かいますかあ~ (・∀・)


ここまでのMAP 
2022-07-26map01

-続く-



明太子炒飯

今日は、フラップ手術の日。 

こわいよお (ノд・。) グスン

ちゅうことで、この記事・・

ちがったこの記事、予約投稿ざんす (゚∀゚)アヒャ


いただきものの辛子明太子がどっさりあるので、先般は明太子カルボナーラ・パスタを作りましたが・・



この日の昼食は・・・

具材の準備。
s2022-07-27DSC09191


ジュ~~ 
chuka_chef


できた~~~~ v( ̄∇ ̄)v

明太子チャーハン!!
s2022-07-27DSC09193


いっただきま~~す .。゚+.(・∀・)゚+.゚

グフッ (*´థ.థ`*)  美味しっ💛




歯科治療後の徳島ラーメン「岡本中華」さん

この日は、いつもの片道2時間以上かけての歯医者さん通いの日。

治療後の徳島ラーメン新規開拓が、楽しみになってますよ~~~ v( ̄∇ ̄)v

この日、治療後に立ち寄ったのはここ!
s2022-07-22DSC_0270a

徳島県小松島市の「岡本中華」さん ♪

徳島ラーメンは、よく茶系、黄系、白系と分類されますが、白系の代表とも言われることの多い「岡本中華」さん!

今まですでに数回訪れています。

とはいえ最後に訪れたのは、5年前で この時は今は閉店となった鴨島店を利用。

ひさしぶりの入店!

入口付近に設置された発券機で、食券を購入。

s2022-07-22DSC_0280

s2022-07-22DSC_0282

シンプルに、中華そば小を購入。

店内はこんな感じ。

s2022-07-22DSC_0271

s2022-07-22DSC_0272

すでに13時を過ぎていたので、すんなり席につけましたよ (*゚∀゚)っ


 キタ━(゚∀゚)━! 

s2022-07-22DSC_0274

うまそ~~~ v( ̄∇ ̄)v

おきまりの・・・

麺、リフト~~・アップ 

s2022-07-22DSC_0276

ズルルルル 

グフッ (*´థ.థ`*)  美味しっ💛

THE・完食!! 
s2022-07-22DSC_0279

うみゃあ~~い、うまかったあああああヾ(´ω`=´ω`)ノ

正直なところ 5年前に鴨島店で食べたとき、「味が落ちたなあ~~」って感じていたんですが、今回 本店で食べて・・・、相変わらずの美味しさでしたよ~~~.。゚+.(・∀・)゚+.゚

記事検索
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ