前回記事の続きだす。

虎の穴練習場をあとにして・・・

のどかな田舎道をトコトコ。

s20210621P_20210621_113429

s20210621P_20210621_113359a

s20210621P_20210621_113443

ここから林道に入ります。

s20210621P_20210621_113625a

小さなトンネルを越えてすぐ西側にのびる水路沿いを進むと、「虎の穴 パート2」があります。

前日記事で書いた「虎の穴」より広い沢セクションです。

ここの場所を知っているのは、うどん県のトライアル選手権組でもわずか数人。

もう誰も走っていない場所やと思います。

ほどなく「轟の滝」に とうちゃこ v( ̄∇ ̄)v

s20210621P_20210621_114254

4年ぶりっす (・∀・)

前回はクロスカブ子ちゃんでやってきてます。





s20210621P_20210621_114450

砂防ダムの向こう側に「轟の滝」があります。

前回は はしごをのぼらず「轟の滝」を見ることもなく引き返しましたが、今回ははしごをのぼりまひょ!!

手前の岩がコケむしていて、滑りにくいソールのトライアルブーツでも、ツルツル滑りまくりです(; ̄Д ̄)

なんとか梯子までたどりつき、のぼってみましたが・・

s20210621P_20210621_114559

山が崩れていて、砂防ダムの向こうまで行けそうにありましぇん ('A`|||)

仕方なく引き返していた その時!!

苔むした岩に足をついたとたん、ツルリン 

スッテンコロリン

体が宙を舞いました。

とっさに受け身をとりましたが、受け身ではらった左手の肘と指先を岩で強打。

あと10歳 歳をとっていたら、折れてたかも・・('A`|||)

このあと数日、左ひじは内出血してました(^^;


気をとりなおして、林道をのぼっていきます。

s20210621P_20210621_115157

s20210621P_20210621_120120

s20210621P_20210621_120140

林道は左右に分岐。

s20210621P_20210621_120544

右方向は、山崩れの補修工事で通行止め。

s20210621P_20210621_121238

左側の道も。

s20210621P_20210621_122116

s20210621P_20210621_122049a

どこまでのばすつもりなんだろ?

ちゅうことで、のぼってきた林道を下り、その後ブラブラ。


お家への帰路はいつも通るこの峠。

s20210621P_20210621_141030a

「首切峠(くびきりとうげ)」!!

なんともおどろおどろしい名前。

戦国時代の天正7年(1579年)11月26日、造田備中守宗俊の守る造田城が長宗我部元親に攻められ、造田側は軍勢の差が大きく守りきれず、ほとんどの家来は討死し、造田備中守は城に火をかけ自害した。生き残った家来も損傷が激しく、その様が非常に哀れであったためこの場所で首を切ったことから、首切峠と呼ばれるようになったのだとか・・。

あ~~~、こわ~~~ Σ(゚д゚;)


ん!?

s20210621P_20210621_141146

s20210621P_20210621_141116

セロ子ちゃんのタイヤの山も、やばし!! ・・・ざんす(^^;