Michiruブログ

バイク、ツーリング他 グルメ、日常生活などをつれづれに・・・(^^)

1.初コメ大歓迎です。コメ主様のブログのリンク機能がありませんので、コメント欄でurlをお教えいただくか、「メッセージ」でurlを教えていただけますと、お邪魔させていただきます。

2.記事のコメントとは別に、直接メッセージのある方は右欄の「メッセージ」をご利用ください。

3.TOP画面の「読者登録用QRコード」で登録していただけると、新着情報がLINEで通知されます。

セローの部屋

セローのRブレーキキャリパーのオーバーホール

セロ子ちゃんのFブレーキキャリパーのオーバーホール記事を先般アップしたよね (・∀・)

https://michiru.dreamlog.jp/archives/27413533.html



今まで何度かブレーキフルードの入れ替えもしていたので、キャリパーのシール溝にはフルードの”かす”も堆積していませんでした。  ブレーキキャリパーピストンの汚れの他にも、この劣化したフルード”かす”がシールを持ちあげて、ピストンの動きを悪くすんよね~~。

これまでフルードの入れ替え+ブレーキキャリパーピストンの清掃も行っていたので、 O/H前後で ブレーキタッチの差は全く感じませんでした。


さてと、フロントやったら、リアもせんとね

ちゅうことで、セロ子ちゃんの再登場っす。

01s20210916DSC06448a

ズームアップ 

02s20210916DSC06449

カバーをパカッ 

03s20210916DSC06450

キャリパーをはずしてからはボルト類を回しづらいので、スライドピンもブリーダープラグもこの段階で緩めときまひょ (・∀・)

ユニオンボルトをとりはずし・・

04s20210916DSC06451a


うん???

キャリパー どうやって固定されてたっけ??? (((( ;゚д゚)))

セロ子ちゃんのキャリパー周りを、まさぐる事 数分・・・

あっ、アクスルシャフト抜かんと、はずれんかった・・(ノωノ)キャッ ハズカシ・・

05s20210916DSC06452

ホイール/タイヤをはずして、キャリパーはとれましたが・・

スイングアームに錆びが・・・(;´Д`)

06s20210916DSC06455

2年前にスイングアームは錆取り/再塗装+足回りのOHをしていたのに・・

その際の状態はこちら。

07s2019-10-22DSC08595

小石とか跳ね上げて塗装が剥がれたんやろうなあ・・(;´д`)トホホ

とりあえず錆転換剤で錆びの進行をとめときまひょ。

錆転換剤が完全硬化してから、タッチペンしときまんねやわ(^^;

08s20210916DSC06456

錆転換剤をヌリヌリ。

09s20210916DSC06457

とりはずしたRブレーキキャリパー。

10s20210916DSC06459

エアを徐々に吹き込み、ピストンを押し出します。

ブシュ  

11s20210916DSC06460

・・・ブシュ 

あっ、ブリーダープラグ抜いてた・・(^^;  (よくやります)

ブリーダープラグを付け直して、再度ブシュ 

ポンッ 

一発でピストンが抜けました。

12s20210916DSC06463

あたいのセロー225WEのリアブレーキ・キャリパーピストンには、金属製のものと違い、フェノール樹脂成形材料の樹脂製ブレーキピストンが使われています。

ちなみにセロー250では、金属製のものに変更されていて、これを225にも流用もできるみたい。

ダストシール、ピストンシールをピックツールではずします。

パッドのリテーナーもとりはずします。

フロントと違い、シールの溝にフルードの”かす”が 少々発生していました。

パーツクリーナー+爪楊枝とピックツールでコキコキと溝掃除。

その後バケツに水を入れ、中性洗剤と歯ブラシを使って キャリパー全体とシールの溝を丹念にゴシゴシ。 これで歯槽膿漏対策もバッチリ!? (゚∀゚)アヒャ

13s20210916DSC06466


14s20210916DSC06469

エアで十分に水気をきり・・

ピストン、リテーナーの汚れも落とて、シール類にラバーグリス、ピストンにフルードをつけて組み付けます。

15s20210916DSC06470

ブレキパッド。 現在使用中のデイトナのゴールデンパッドを用意していましたが・・

16s20210916DSC06475

使用中のパッド、まだ使えそう・・

なので、もう少しこのまま使用しまんねやわ(^^;

17s20210916DSC06472

スライドピンは、ボンスターを軽く当てて汚れも落として、シリコングリスを塗ってパッドを組み付けます。

使用しているパッドですが、念のためピストンの当たるパッド側とリテーナーに、薄くブレーキパッドグリスを塗っておきました。

18s20210916DSC06476

19s20210916DSC06478

キャリパーを車体に取り付け、ブレーキフルードの入れ替えをおこなっておきます。

(ユニオンボルトのワッシャーは、新品に交換してます。)

20s20210916DSC06479

作業終了~~~~。

21s20210916DSC06480

ブレーキの”ひきずり”と、”エアがみ”が無いのも確認して、OK牧場~~
v( ̄∇ ̄)v

制動系はとても大事な部分なので、メンテナンスはやったほうがいいざますよ~~~v( ̄∇ ̄)v



セローのFブレーキキャリパーO/H

セロ子ちゃんのメンテナンス記事ざんす v( ̄∇ ̄)v イエ~~

前回、フロントブレーキパッドの確認をしたのが・・

走行距離 17,084km時点。

00-2019-10-30sp-DSC

この時のブレーキパッド残量は、このぐらい。

00-2019-10-30sp-DSC08645

この時は、あと2千kmは大丈夫と思い、キャリパーピストンの清掃のみ行いやした (・∀・)

もうぼちぼち、パッドも交換時期かなあと思い・・

黄金バッド! ちがった デイトナのゴールデンパッドっす。

リアのブレーキパッドは、走行距離 9737kmで、このゴールデンパッドに交換ずみです。

00s20210913DSC06280

縁の面取りもして準備万端!

00s20210913DSC06285

セロ子ちゃんの登場~~~~ (・◇・)ゞ

01s20210913DSC06398a

ただいまの走行距離 19,378km。

02s20210913DSC06438

ディスクカバー他をはずし・・

スライドピンを少しだけ緩めて、ホースとキャリパーのユニオンボルトをはずします。

(あとでフルードを入れ足す時のことを考えて、マスターシリンダーキャップの取付ネジを軽く緩めときます)

03s20210913DSC06400

04s20210913DSC06401

キャリパーをFフォークにとめているボルトもはずします。

キャリパーの脱着。

05s20210913DSC06404

ありゃりゃ!?

まだパッド使えそう・・・・

もうしばらくこのパッドを使います(^^;

05s20210913DSC06406

パッド、ガイド類もとりはずし・・

06s20210913DSC06409

スライドピンも抜き取り・・

07s20210913DSC06410

エアでブシュ プシュ プシュ・・・・

08s20210913DSC06412

2ポッドの小さい方が残りました・・(^^;

キャリパーピストン・プライヤーで、いんぐりもんぐり・・・

09s20210913DSC06415

両ピストンとも抜けましたよ ヾ(´ω`=´ω`)ノ

10s20210913DSC06418

2004年生まれのmyセロ子ちゃん 。 Oリングやゴム系パッキンのあちこちが寿命をむかえてきています。 今まで1度も交換していないピストンシール、ダストシールを交換します。

ピックツールで古いシールを取り外し・・

汚れまんつくさんのキャリパーを中性洗剤で洗います、

11s20210913DSC06420

十分 水を切り、さらにパーツクリーナーで汚れを落としまんねやわ。

ピストンは、ボンスターでゴシゴシ。

12s20210913DSC06424

新しいシールを組み付けます。シールセット(ピストンシール、ダストシール)には、ブレーキ用のラバーグリスがついていました (*゚▽゚*) 

薄くラバーグリスを塗ってシールを組み付けます。

13s20210913DSC06425

ピストンにはブレーキフルードを塗りたくり挿入。

14s20210913DSC06426


パッドのガイドも軽く汚れをおとし、パッドも組付け・・

15s20210913DSC06428

シリコングリスを塗ったスライドピンもキャリパーに組み付けます。

スライドピンを通すゴムブーツ。 取り外しの際に破れる恐れがあったので、
予備パーツを用意していなかったこともあり、今回は手をつけませんでした。

どうせ近いうちに、パッドを交換しないといけないので、その時 新しいパーツを購入したうえで、ゴムブーツもはずしてみようと思っています。

キャリパーをもとどおりに組み付けます。

ユニオンボルトの銅ワッシャー2枚は新品に交換しました。

17s20210913DSC06430a

あとはフルードのエア抜き/交換です。

18s20210913DSC06433

19s20210913DSC06432

OK牧場ざんす v( ̄∇ ̄)v

20s20210913DSC06434

マスターシリンダー側は手付かずです。

いずれそのうちにオーバーホールしとこうかな・・






細い線にギボシ端子をつける

言葉だとなかなか伝えきれないあたいの語彙力のなさ (^^;

なので画像の方がわかりやすいかなあと、記事にしやしたよ (*゚∀゚)

一般的なギボシは、0.5sq(スケア)~2.0sq線が適合範囲です。

ところが、LEDの配線とかでは0.2sq線がよく使われます。(LEDスポット/フォグライトetc)

そうするとギボシのカシメ箇所(2ケ所:被覆部、線部)がグスグスで、しっかり食い付きません。

なので、こういう場合のギボシ接続の場合をアップしまんねやわ v( ̄∇ ̄)v


細い線の持ち合わせがなかったので、ここでは0.75sq線を使っています。
(通常 0.75sq線ではこのように線を折り返す方法はしないほうがいいです。)

線の途中から被覆をはぎます。 ねじって被覆を剥いだところを”よって”おきます。

s20210908DSC06310

細い線対応のワイヤーストリッパーもあると便利っすv( ̄∇ ̄)v

s20210908DSC06317


被覆をはいだところから折り返します。

s20210908DSC06312

かしめる前にギボシ端子カバーを通すのを忘れないように・・。
(あたいはかしめてから、「アッ! カバー通すの忘れちゃった!」とやり直す場合が しょっちゅうざんす('A`|||))

被覆の部分と被覆を剥いた線のところ2ケ所をかしめます。
画像はかしめる前の状態です。0.75sq線なのでパンパン状態ですが、0.2sq線だと 折り返すことによって、いい感じになると思います。

s20210908DSC06314


ビル谷原チャ さん、説明ベタでごめんなさ~~い(^^;

セローのフューエルコックO/H

Myラブリー・セロ子ちゃん  

00sp-DSC09353a

2004年式 セロー225WE 。 225の最終モデル。

17歳のうら若き乙女ざんす (゚∀゚)アヒャ


2018年からスタートした日本分割一周の旅は、このセロ子ちゃんとずっと一緒!

スタート時点の走行距離は、6443km。

2018年の春/秋、そして2019年の春ツーリングを経て、現在の走行距離は19378km。

s20210901DSC06298

2019年秋は、セロ子ちゃんドッグ入り。各部の大規模O/H。

2020年度からはコロナのおかげで、この旅の中断。 

本当だったら、すでに北海道もまわり終えている予定だったのに・・・(TДT)

コロナの馬鹿やろ~~~~!! ( ̄‥ ̄)=3 フン


2019年秋、各部のO/Hに着手したのは、東北ツーリングの最中に タペットケースのOリング劣化によるオイル漏れが発生したり、その後もシリンダーのサイドカバーのOリング劣化によるオイル漏れも発生し、あちこちのゴム類(Oリング、パッキンetc)が、経年で寿命を迎えていそうなこともあって・・。

長旅の途中で、Oリングやパッキンの劣化でオイル漏れしだしたら、どうしようもないもんね(^^;

極力ゴム類は交換したつもりでいましたが・・

先般 セロ子ちゃんのエンジンをかけたら・・

01s20210810DSC06064a

フューエルコックあたりから、ガソリンがボタボタと・・・

(((( ;゚д゚)))アワワワワ

そういえば、フューエルコックは手をつけていませんでした 

Oリングだけ替えればガソリン漏れは直りそうでしたが、この際Oリング、パッキン、ガスケット類は交換することにしました。

注文していたものが届きました (・∀・)

01s20210901DSC06130

01s20210901DSC06131

ホースポンプ(シュポシュポ)でタンクからガソリンをあらかた抜き、抜ききれないガソリンはここからジョンジョロリン

02s20210901DSC06228

オペ開始します。

03s20210901DSC06229

摘出。

04s20210901DSC06231
メス。

Oリングと黒いニコちゃんマーク登場。

05s20210901DSC06235

病巣摘出。

06s20210901DSC06237

07s20210901DSC06238

細部もパーツクリーナ/キャブクリーナ-等で綺麗にして・・

Oリング、パッキンを新品に取替ますよ~~ (・◇・)ゞ

08s20210901DSC06241

レバーも以前よりスムーズに動くようになりました(^^)

10s20210901DSC06245



タンクの方も・・

20s20210901DSC06246


ストレーナーをはずし~の・・

パッキンとボルトワッシャー・ガスケットも交換しちゃいましょ。

21s20210901DSC06250

22s20210901DSC06251a

24s20210901DSC06252

ワッシャー・ガスケットが張り付いていました。

残ったガスケットをスクレーパーとボンスターで綺麗におとし、新品に交換。

25s20210901DSC06254

あとは元通りに組み上げ終了っす。

s20210901DSC06297

フューエルコックレバー ON。

エンジンをかけて、ガソリン漏れないのを確認!!

OK !  OK!   OK牧場っす ヾ(´ω`=´ω`)ノ イエ~~~


セローのバッテリー充電

ノアのバッテリー充電に続き、バイクの補充電もやっちゃおうっと!!

まずはセロ子ちゃんから。

バイクカバーを半分はがして、バッテリーを車体から取り外しまっせ~~。

01s20210203-04DSC04638

セロ子ちゃんにのっけてるバッテリー。

2016年12月に購入した台湾ユアサ製のTTZ7SL。

購入してから5年目を迎えます。

02s20210203-04DSC04640


いつ補充電したのか、はっきり時期を覚えていないものの、バッテリーの充電具合は良好。

台湾ユアサ、優秀です v( ̄∇ ̄)v

念のため、補充電しときまひょ 

03s20210203-04DSC04639


1日このままおいて、その後 車体に装着完了ざんす! d( ̄◇ ̄)b グッ♪

04s20210203-04DSC04641





記事検索
カテゴリー
アーカイブ
メッセージ

ブログ管理者に個別メッセージする際にご利用ください。

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ